iPhone11・12の違い ~第2章~

では、1章からの続きに早速入ります(*’ω’*)

 

 

5G、処理速度、バッテリー、ストレージ比較

 

機能における最大の進化ポイントは、なんといっても5Gに対応したこと

iPhone 12シリーズの全ラインナップが対応し、5Gの電波が受信できる環境では大幅に通信速度が向上します!!

 

iPhone 12で5G通信

 

 

 

 

処理能力も進化を遂げました(*’ω’*)

iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxに加え、iPhone 12もA14 Bionicチップ(※)を搭載。

スマートフォン最速クラスの高い処理能力はどのモデルを選んでも実現しています!

※A14 Bionicチップって??

A14 Bionicは、Appleのデバイスに搭載される最新SoC(System on a Chip)のことで、主にiPhoneやiPadに搭載されているチップです。

5Gの普及に向けて、電力を無駄なく消費したり集積度を向上させて効率良く処理させるようにしたチップです(*’ω’*)

 

 

・バッテリー、ストレージ容量はほぼ“据え置き”

 

バッテリー容量は、iPhone 12 Pro MaxがiPhone 11 Pro Maxと同等のビデオ再生最大20時間

iPhone 12 Proは最大17時間で、iPhone 11 Proの最大18時間より1時間ほど短くなっている。

iPhone 12はiPhone 11と同じ最大17時間です!

「一度の充電でより長く使いたい」というニーズにはiPhone 12 Pro Maxがオススメ!!!

 

また、ストレージ容量はiPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxが128GB / 256GB / 512GBの3種類、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro MAXは64GBからだったので最小容量が変更されています!

iPhone 12はiPhone 11と同じく64GB / 128GB / 256GBで変更はなし。

ストレージに大容量を求めるなら引き続きProシリーズがオススメ!!!

 

 

その他のスペックを比較

・Appleファンにはお馴染みの「MagSafe」採用。さらに防水機能が向上

 

 

MagSafeアクセサリを装着したiPhone 12 Pro

iPhone 12シリーズから新たに備わったのが、「MagSafe(マグセーフ)」という機構。

背面にマグネットが入っていて、専用の充電アダプターをくっつけることで高速充電ができるというもの。純正カードホルダーも付けられ、先々の展開が楽しみですね(*’ω’*)

 

※MagSafe(マグセーフ)って??

MagSafeはかつてMacBookシリーズに採用されていた名称です!

マグネットで充電プラグを接続でき、引っかかってもケーブルがすぐ外れて安全で使いやすい!USB-C接続がスタンダードになったことで廃止されて久しいですが、今でも懐かしむファンが多いです(*’ω’*)

 

 

・防水機能も進化

 

iPhone 12シリーズから防水機能も向上しました。

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxでは「水深4メートルで最大30分間の耐水性能」でしたが、iPhone 12シリーズはどのモデルも「水深6メートルで最大30分間の耐水性能」を実現しました!

 

 

・「EarPods」と電源アダプタの同梱の廃止

 

そして、大きな変更点はもうひとつ。

iPhone 12シリーズから、外箱が半分以下の薄さになり、Lightningコネクタ付きの「EarPods」と、USB電源アダプタが同梱されなくなりました。

イヤホンや電源アダプタを持っていない人は注意してほしいところです。。

 

 

どうでしたでしょうか?これを書いているともうハチャメチャに12が欲しくなってきました。。。

また、今年の秋ごろにもiPhone13(仮)が登場すると噂が出ていますので、要チェックですね!!

 

わび@さび på Twitter: "要チェックやわ(彦一/栄輔)#スラダン… "